「ほっ」と。キャンペーン

島みさ☆メッセージ

shimamana.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:直島旅行記( 12 )

本村地区の家プロジェクトに行きました。
でも、写真は禁止!
唯一撮れたのははいしゃのみ。
f0183846_21271167.jpg

最初に観たのは南寺のタレル作の「バック・サイド・オブ・ザ・ムーン」
真っ暗な内部で、じーーーーっと静かに待ち・・・四角い光が見えてくる・・・そんな作品。
瞳孔がだんだんと開いてくる時間・・・
なんだか・・・静観していたら・・・「道は開ける」・・・みたいなメッセージ性のある作品でした。

護王神社の石室とガラスの階段。
角屋「シー・オブ・タイム'98」「ナカシマ・カウンター・ウインドウ」
碁会所

面白い企画だな~と思いました(^^)☆






人気ブログランキングへ
by shima-mana | 2011-02-21 21:38 | 直島旅行記 | Trackback | Comments(0)

直島の猫ちゃん

家プロジェクト地域で、南寺に向かう時に出会った猫ちゃん♪
可愛かったので、写真にパチリ☆
f0183846_21184487.jpg

家の子、別に変装してるわけじゃ~ありませんよ(^_^;)
なんて格好してんだ・・・この子は!










人気ブログランキングへ
by shima-mana | 2011-02-21 21:20 | 直島旅行記 | Trackback | Comments(2)

ベネッセハウスパーク

ベネッセハウスミュージアムには行きませんでした。
ミュージアム下の屋外作品にも。
屋外の作品はバスからちょろっと観ました。
今度、直島に行った時に観ようと思います。

ベネッセハウスパークにも色んな作品がありました。
が、敢えて、写真には撮りませんでした。
f0183846_16593220.jpg

また今度のお楽しみ☆
ベネッセハウスに泊まるんだ~☆

ベネッセアートサイト直島→http://www.benesse-artsite.jp/



人気ブログランキングへ
by shima-mana | 2011-02-19 17:05 | 直島旅行記 | Trackback | Comments(4)

夢に見た鳥居かな?

つつじ荘のバス停を下りて、黄色い南瓜の所へ行く際、ふと目に留まったのがこの鳥居です。
この鳥居は半分くらい砂に埋まっていました。
f0183846_16371974.jpg

その鳥居には恵比寿と書いてありました。
昔、夢に見た鳥居に似ていました。
と、言っても、私が夢で見た鳥居は何個も何個も連なって、
そして、その先は土に埋まっていっている・・・そんな鳥居でした。
なんだか親近感が湧いて、その鳥居を2度くぐりました。
石は乗せなかったですけどね。


人気ブログランキングへ
by shima-mana | 2011-02-19 16:55 | 直島旅行記 | Trackback | Comments(2)

黄色の「南瓜」☆

直島の宣伝でよく出てくるこの黄色い南瓜☆

直島 瀬戸内アートの楽園 (とんぼの本)

秋元 雄史 / 新潮社


美術手帖6月号増刊 瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック

美術出版社


Discover Japan (ディスカバー・ジャパン) 2010年 08月号 [雑誌]

エイ出版社


観に行くことができました~☆
ワ━ヾ( o・ω)ノ゙ヾ(o・∀・o)ノ゙ヾ(ω・o )ノ゙━イ!! 
f0183846_16143641.jpg

皆の人気モノ、かぼちゃーーーーーー!!!
2人とも風邪をひいて、マスク姿だけどね。







人気ブログランキングへ
by shima-mana | 2011-02-19 16:22 | 直島旅行記 | Trackback | Comments(2)
ジェームズ・タレルの「アフラム,ペール・ブルー」「オープン・フィールド」「オープン・ザ・スカイ」
「オープン・フィールド」は実際に光の中に入れます。
青い光の中に入って・・・なんだか・・・空の中に立っている感じがしました。

安藤建築で、一番「おお!」っと思った箇所は「三角形の中庭」です。
スロープに沿って、開口部があって、そこに一本も支える柱が無いのです。
建築は全然わかりませんが、そこにはビックリしました。
迷路のような感じで、「今、私は何階に居るの?」って何度思ったか<(*´Д`*)>゙

ウォルター・デ・マリアの「タイム/タイムレス/ノー・タイム」・・・「見えて/見えず 知って/知れず」
初め、その部屋に入った時・・・「神聖」って感じはしました。
でも・・・意味がわからん。
(ノ*・ω・)ノ ワケヽ(・ω・*ヽ)ワカ ヽ(*・ω・)ノラン♪

その空間をうろうろして、一周して・・・そして・・・私なりに理解したのは~・・・「受胎」ですね。
三角柱、四角柱、五画柱の金色の柱のセットが何個も、中央の球体の周りを取り囲んでいる・・・。
なぜ、三→四→五なのか・・・?
その数字は人が人になっていく過程の数字・・・のような気がする。
その中央に巨大な球体。
階段の真ん中あたりに球体。
上からは自然光がその球体に注ぐ・・・。

「子の宮に卵子」、「自然光」、「マリア懐妊」、「三位一体」
極めてキリスト教的な空間のイメージだと感じました。

この「タイム/タイムレス/ノー・タイム」を見る事が出来て、本当に良かったです☆
そして、全体的に思ったことは・・・
人工的な物があるからこそ、自然のもの、特に自然光の有り難味がわかる・・・ってこと・・・かな☆



人気ブログランキングへ
by shima-mana | 2011-02-19 14:52 | 直島旅行記 | Trackback | Comments(0)
安藤忠雄建築である地中美術館はその名の通り、地中にある美術館です。

安藤忠雄 (ニューベーシック)

古山正雄 / タッシェン


写真は禁止!ダ━━乂(・ω・´ = `・ω・)乂━━メッ!!
そりゃ~、そっか。
ここにはモネの「睡蓮の池」という2m×6mの絵があります。

クロード・モネ (タッシェン・ビッグアートシリーズ)

カリン ザークナー=デュヒティンク / タッシェンジャパン


その絵がどうしても観たくって!
そして、子供にも観せたくって!

なぜかというと・・・

家の子の名前は悩んだ末、パパさんが考えました。
私はその名前の配列を見て、OKしました。

なぜか・・・?

それは・・・睡蓮を思わせる名前だったからです。
睡蓮は田んぼ(泥)から綺麗な花を咲かせます。
仏教的な花でもあります。

そして、どんな状況下でも綺麗な花を咲かせて生きていってほしいって言う気持ちを込めました。
そんな子供の名前を思わせるモネの「睡蓮の池」を観せたかったのです。

白い壁に巨大な睡蓮の絵・・・
もう・・・ため息物でした+。:.゚(人〃∇〃)*+シ。:.゚ア*゚ワ.:。セ+゚
神々しい☆

子供は・・・「よくわからない。」と言っていました。
でも、それでいいと思いました。
観れただけでも、もうけもの☆

母として望むのは・・・
これから大人になっていく過程で、色んな困難や壁にぶち当たると思うけど、
自分を卑下したり、責めたりすることもあるだろうけれども、
そんな時、モネの睡蓮の池の絵を思い出して、
自分って大切な存在なんだとか、自分の命って尊いんだとかって、
ふと思い出して、自分を大切にしていく糧としてほしいな~って・・・そう望みます。

子供に睡蓮の絵を観せることができて、本当に良かったと思います☆
パンパン(((o≧人≦){ ゚+。・ 感謝; ・。+゚ ]







人気ブログランキングへ
by shima-mana | 2011-02-16 21:24 | 直島旅行記 | Trackback | Comments(0)

宮ノ浦港の赤かぼちゃ☆

宮ノ浦港に可愛い赤いかぼちゃがありました。
f0183846_2027392.jpg

中はこ~んな感じ☆
f0183846_2023157.jpg

幻想的でした~。・:*:・( ̄∇ ̄人)。・:*:・☆



人気ブログランキングへ
by shima-mana | 2011-02-16 21:23 | 直島旅行記 | Trackback | Comments(2)

2月13日、直島へ☆

13日は直島へ行きました。
岡山駅から出ている宇野港行きのバスに乗るために。
すると、パパさんは写真撮影を頼まれました。
その男性は色んなポーズでキメたりしていました。
それを眺めていたら・・・宇野港行きの直行バスが・・・
出てしまいました(|||-ω-)=3
まあ、次があるさ~・・・って思ったら、11時まで無し・・・ウソ━━Σ(-`Д´-;)━━ン!!
電車で行くことになりました。
岡山駅から茶屋町駅下車。そして、宇野港駅着。
思わぬ電車の旅。
世界の車窓から~~~~♪

直島行きのフェリーはとっても大きかったです☆
f0183846_201448.jpg

20分で直島の宮ノ浦港着。
すると、SETOというフェリーを発見!
f0183846_20114273.jpg

家の子のお友達の名前だったので、
皆で大騒ぎ(〃゚∀゚)ノ。.:゚*・ワイワイ ・*゚:.。ヽ(゚∀゚〃)
パパさんはウキウキとその写真を撮り、その友達のバーバへメール送信☆
そして、ここでもバスに乗り遅れたとさ。






人気ブログランキングへ
by shima-mana | 2011-02-16 21:22 | 直島旅行記 | Trackback | Comments(0)
2月12日は誕生日でした。
節目の誕生日なので、旅行の計画を立てていて、三連休を希望しました。
でも、パパさんが足を捻挫したので、歩きが多い旅は大変だと思い、予定を変更。
どこにしようかと考えたところ、直島がいいな~と提案し、決定☆
アートの島に行くことにしたのです。

直島 瀬戸内アートの楽園 (とんぼの本)

秋元 雄史 / 新潮社



急な予定変更だったので、ベネッセハウスは予約がとれませんでした。
だから、岡山の旅館を予約しました。
車での旅の始まり~・・・と思ったら、その日の山口県は寒波に見舞われました。
晴れ女の私ですが・・・こう思いましたね。
「私が生まれた40年前も雪だったよな~・・・。いたって私らしいな~。」って。
山陽自動車道は雪雪雪・・・
事故車を何台見たでしょう・・・(^^;

それでも行くんかい!?私達!

大竹インターで通行止め!
大竹インターを出て、車を停め、ちょっと休憩。
子供は大雪にうきうき☆
f0183846_1919196.jpg

f0183846_19194339.jpg

f0183846_1920646.jpg

どんなに大変な時でも遊び心を大切にするっていいな~って大雪に学びました(^^)☆
f0183846_19393479.gif

大竹インターを出て、さあ、どうするか考えました。
新岩国駅から新幹線に乗ろうということになりました。

それでも行くんかい!?私達!

新岩国に着くまで大渋滞!
新岩国に着いたら着いたで、駐車場をなかなか見つけることができませんでしたが、なんとか駐車☆
無事に新幹線に乗ることができましたとさ(^▽^)v
f0183846_19453123.jpg

広島に着いたら、雪は全然無くって・・・(^_^;)
でも、ここで良いことを学びました☆

どんなに困難な状況でも、その先には晴れ間が待っている~って☆
身をもって体験したのです♪
ありがたや~☆

と~~~っても心に残る40の誕生日を経験できたのです\(^▽^)/~☆☆☆




人気ブログランキングへ
by shima-mana | 2011-02-16 21:21 | 直島旅行記 | Trackback | Comments(0)

山口県周防大島在住。看護師&認知症ケア専門士&パステル和アート正インストラクター。その他いろいろ。shimamanahair@yahoo.co.jpまで☆


by shima-mana